某予備校の面接が終わった。

おそらくこの予備校の就活もこれで終わりだ。

就活がゲームのように思えてきてしまった。 

別に落ちてもいいや、という感じ。

押しが弱い。目を見られない。言葉に詰まる。詰まった時はもっと目が見られない。


追記

驚くべきことに、通過の連絡を電話でもらった。
しかも、直前に一社目の内定をもらった後だったので、非常に嬉しかった。
「非常に点数が高かったよ。『芯の強さ』にも〇が付いていて」
人事の人は電話の向こうでそう言ってくれたが、実際のところはどうなのかはわからない。

意外と面接が得意なのかもしれない。
これまで面接のマニュアル本のようなものを10冊くらい読んで、地雷を踏まないようにできているのがよかったのかもしれない。

いずれにせよ、選考中の企業が一つ減らずに済んだことはプラスに受け止めよう。